FC2ブログ

中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職20年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

下町ロケット2ガウディ計画

先日、池井戸潤『下町ロケット2ガウディ計画』小学館、2015を読みました。

本書は、『下町ロケット』の続編で、TBSドラマにもなりました。

前作の『下町ロケット』では、主人公の佃航平は実家の中小企業である佃製作所を継いで、研究開発・技術開発を進めていたが、特許侵害訴訟や大型ロケットの製造開発を進める大企業である帝国重工との取引交渉などの困難に直面するという話でした。

『下町ロケット2』では、佃製作所が北陸医科大学の一村教授、福井市にある編み物会社である桜田経編の子会社であるサクラダと一緒に心臓の人工弁を開発する話です。

前作同様に、本書の中の次の台詞が印象に残っています。

「いろいろな壁が世の中にはある。楽にうまくいく仕事なんてないさ。だからといって、逃げたら何ひとつ、残らない。実績も評価もだ。」

「若い頃はともかく、だんだんと出世していって権力を持ち始めると、その魔力に取り憑かれてしまうのかも知れません」
「出世が、結果ではなく目的になってしまった人間ってのは、本来、何が大切なのかわからなくなってしまう。人命より、目の前の出世を優先するようになるんです」

「仕事に夢がなくなってしまったら、ただの金儲けです。それじゃあつまらない。」


しかし、悪者役として登場する人物の発言も一理あるという台詞が出てきます。

アジア医科大学の心臓血管外科部長である貴船教授の次の台詞です。
「医療というのはどこまでいっても、失敗による経験の蓄積、仮説と実証の繰り返しなんだ。失敗を責めたら、医療は進化しない。大病院がけしからんと、ジャーナリストが正義を振りかざしているつもりかは知らんが、それで医療が進歩するか?」


大企業と中小企業の関係、医療機器開発の課題、社員の転職と知的財産・ノウハウの移転の問題など前作同様に、研究開発型中小企業の現状と課題、そして今後の方向性を考えることもできる経済小説だと思いました。

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

中日ドラゴンズの岩瀬選手、荒木選手、浅尾選手の引退(2018年10月)

私は、小さい頃と比べると、中日ドラゴンズの熱烈なファンというわけではないのですが、やはり毎年、中日ドラゴンズの成績は気になります。

その中日ドラゴンズの岩瀬選手、荒木選手、浅尾選手が今シーズンで引退します。

すでにご存知の方も多いと思いますが、この3選手は、中日ドラゴンズの中心選手で、一時代を築いたと思います。

岩瀬選手は、1998年のドラフト会議で2位入団。
1999年から2013年まで15年連続で50試合以上登板、最優秀中継ぎ投手3回(1999年、2000年、2003年)、最多セーブ投手5回(2005年、2006年、2009年、2010年、2012年)、日本プロ野球の最多登板(1,002試合)、最多セーブ数(407セーブ)の保持者です。

荒木選手は、1995年のドラフト会議で1位入団。
井端選手との二遊間守備、打順の1、2番は、「アライバ」と呼ばれました。
2017年6月に2000本安打を達成しています。

浅尾選手は、2006年のドラフト会議で3位入団。
2009年から2011年にかけては218試合に登板。
2010年の47ホールドは、日本プロ野球の最多ホールド記録となっています。
2011年まで中日監督を務めた落合監督は、「浅尾と岩瀬でやられたら仕方ないんだから。それだけ2人を信頼している」と言っています。

この3選手が活躍した時期は、落合監督時代(2004年~2011年)とも重なりますし、毎年、優勝を争った強かった中日ドラゴンズの時期とも重なります。

また、岩瀬選手と荒木選手のプロ野球の入団時期は、私が仕事を始めた時期とも重なります。

中日ドラゴンズの一時代が終わったという印象がありますし、自分の仕事生活も約20年が経過して、一つのステージが終わったという印象とも重なります。

岩瀬選手、荒木選手、浅尾選手
お疲れ様です。そして、多くの感動をありがとう。

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

次の震災について本当のことを話してみよう。(福和伸夫氏)

先日、福和伸夫『次の震災について本当のことを話してみよう。』時事通信社、2017を読みました。

著者の福和伸夫氏は、名古屋大学教授・減災連携研究センター長、なごや強靭化共創センター長、工学博士、日本地震工学会会長、中央防災会議作業部会委員などを歴任されている防災・減災の専門家・第一人者と言えます。

東京や東海(名古屋)、四国、九州などで、巨大地震は、歴史上、一定の頻度で発生しています。

本書でも述べられているように、南海トラフ地震は、「いつか来るかもしれない」のではなく、「必ず来る」のです。

本書では、身近な事例や映画「シン・ゴジラ」、歴史、地名などを通じて、地震の被害や防災・減災についてわかりやすく説明されています。

著者は、企業は事業継続計画(BCP)を作成していると言いますが、十分な計画ではないことが多く、外部からの電気、通信、ガス、水などが途絶えることを想定していないと警鐘を鳴らします。
防災については、「ホンネ」で語らなければいけない。ホンネがホンキの対策を生む。多くの人が「我がこと」として防災を考えなければいけないと主張しています。


「全国地震動予測地図2018年版」によると、南海トラフで発生する地震は、M8~M9クラスが今後30年以内に70%~80%の確率で発生するとされています。
また、「今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」は、北海道南東部や仙台平野の一部、首都圏、東海~四国地域の太平洋側および糸魚川静岡構造線断層帯の周辺地域などの確率が高いとされており、日本の太平洋側の主要都市の多くが含まれます。

■政府 地震調査研究推進本部HP
https://www.jishin.go.jp/


南海トラフ地震は、私が子供の頃(1980年代)には東海地震と言われ、近いうちに起こると言われて、数十年が経過しています。
巨大地震の周期としての数十年は誤差の範囲と思われますが、自分の生きている時間の中では、昔から言われていることの一つになってしまっているとも思います。
また、南海トラフ地震がM8~M9クラスであるため、防災・減災と言っても、なるようにしかならない、起こったときに考えるという思考に陥りがちです。
確かに「今後30年以内に70%~80%の確率で発生する」という警鐘は、確率が高いのか低いのか、身近に感じられず、絶えず備えることは杞憂なのかもしれません。
それでも、地震だけではない近年の災害の発生は、防災・減災、事業継続計画(BCP)の重要性を感じさせます。

■内閣府 防災情報のページ
http://www.bousai.go.jp/

■TEAM防災ジャパンHP
https://bosaijapan.jp/

■名古屋大学減災連携研究センターHP
http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

東京大神宮(2018年1月)

今年(2018年)の初詣は、東京に住んでいたこともあり、東京大神宮に参拝してきました。
2時間ほど列に並んでの参拝でした。
180102東京大神宮1
180102東京大神宮2

「飯田橋駅」から徒歩約5分の都会の中にある神社です。

東京大神宮は、江戸から明治になって、東京における伊勢神宮の遥拝殿(遠く離れた所から神仏などをはるかにおがむこと)として創建されたことから、「東京のお伊勢さま」と呼ばれているようです。

伊勢神宮の遥拝殿のため、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ、伊勢神宮の内宮(ないくう)の御祭神、日本国民の総氏神)、豊受大神(とようけのおおかみ)(伊勢神宮の外宮(げくう)の御祭神、農業、諸産業、衣食住の守護神)が祭られています。

縁結びに御利益のある神社としても知られていることから、女性の参拝者も多かったです。

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

ジェイアール名古屋タカシマヤの楽天うまいもの大会(2018年10月)

ジェイアール名古屋タカシマヤで開催されている楽天うまいもの大会に行ってきました(2018年10月)。
181006楽天パンダ

夕方だったためか、お客が少し引いてあまり並ばなくても目的のものを買うことができました。

おいもやの干し芋
181006楽天うまいもの大会2

王府井の小籠包
181006楽天うまいもの大会3

神楽坂五十番の神戸牛の牛すき焼きまん

島の人礼文島本店の北海道海鮮弁当

を買いました。

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

東京銀座(2018年7月)

先日(2018年7月)、仕事の打ち合わせで、東京の銀座に行きました。

古きを感じさせる歌舞伎座、和光本館の時計台、新しさを感じさせるGINZA SIX(ギンザ シックス)など、新旧が入り混じり活気がある街であることを再認識しました。
180711銀座1 180711銀座2
180711GINZASIX
180711銀座3

テーマ:東京写真 - ジャンル:写真

映画「プーと大人になった僕」を見る(2018年9月)

先日(2018年9月)、映画「プーと大人になった僕」を見てきました。

少年時代に「100エーカーの森」でプーや仲間たち(イーヨー、ティガー、ピグレット)と過ごしたクリストファー・ロビンは、進学のため森を去り、結婚、戦争を経験して、妻子を持ち、ロンドンで企業の部門を管理する仕事をしています。

週明けまでに部門の効率化・収益改善策を提案できなければ、人員削減をしなければならない状況で、故郷で家族と過ごすはずだった週末も仕事を優先したクリストファー・ロビンの前に、仲間たちが姿を消して困ったプーが現れるというストーリーです。

プーは、クリストファー・ロビンに昔と変わらない質問をしてきます。

「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なことなの?」
「なんにもしないって最高のなにかにつながるんだ」
「みんなはなんにもしないのは不可能だっていうけど、僕は毎日やってる「なんにもしない」を」

仕事を優先しなければいけないことはあると思います。
何にもしない時間は大切ですが、その時間で何も生み出せないこともあります。
大人になって、家族もいて、仕事をして、プーの言うことはわかるけど、そんな簡単なことじゃないんだ!と言いたくなりますが、
でも、なぜか心に響きます。
一度、見に行かれることをお薦めします。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

首都崩壊(高嶋哲夫氏小説)

先日、高嶋哲夫『首都崩壊』幻冬舎文庫、2015を読みました。

高嶋氏は、『M8』『TSUNAMI 津波』『ジェミニの方舟 東京大洪水』『富士山噴火』などの危機管理小説の著者です。

本書は、阪神・淡路大震災、東日本大震災のようなマグニチュード8クラスの巨大地震が首都である東京で起きることが予想され、直接の被害だけでなく、為替や株価への影響、そして、日本経済への壊滅的な影響が懸念される状況での日本政府が舞台となっています。

企業や地域、国のBCP(事業継続計画)だけでなく、首都機能移転、道州制の導入まで話は及びます。

「全国地震動予測地図2018年版」によると、南海トラフで発生する地震は、M8~M9クラスが今後30年以内に70%~80%の確率で発生するとされています。
また、「今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」は、北海道南東部や仙台平野の一部、首都圏、東海~四国地域の太平洋側および糸魚川静岡構造線断層帯の周辺地域などの確率が高いとされており、日本の太平洋側の主要都市の多くが含まれます。

■政府 地震調査研究推進本部HP
https://www.jishin.go.jp/

東京や東海(名古屋)、四国、九州などに巨大地震は、歴史上、一定の頻度で発生しています。

経験していない巨大地震を想像して備えることは、なかなか難しいと思いますが、危機管理小説を読むことで、何ができるかを考えるきっかけにできればと思います。





テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

榮太樓總本鋪東京名所缶紅茶飴(東京駅)

東京に転勤していた際に、「榮太樓總本鋪 東京名所缶 紅茶飴」を買ったことがあります。
榮太樓總本鋪の紅茶飴の缶に東京駅が描かれています。
お土産用にも良いと思います。

榮太樓總本鋪は、安政4年(1857年)の創業の榮太樓飴や金鍔で有名な和菓子の老舗です。

■榮太樓總本鋪HP
https://www.eitarosouhonpo.com/


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

松坂屋名古屋店の秋の大北海道物産展に行く(2018年9月)

松坂屋名古屋店の大北海道物産展に行ってきました。

海のやの海鮮弁当
おやじダイニングのタラバ蟹クリームコロッケ
などを購入してきました。

各日300個限りのじゃがポックルも購入できました。
180923松坂屋名古屋店大北海道物産展

「平成30年(2018年)北海道胆振東部地震」により被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
一日も早い平常化、復旧・復興をお祈り申し上げます。


テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

FC2Ad