FC2ブログ

中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職20年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

団塊の後(堺屋太一氏小説)

作家・経済評論家の堺屋太一氏が、2019年(平成31年)2月8日、多臓器不全のためお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

堺屋太一『団塊の後』毎日新聞社、2017をご紹介します。

本小説の舞台である2026年の日本は、
・人口の減少と高齢化
・「欲ない、夢ない、やる気ない」の低欲社会
・東京オリンピック・パラリンピック以来の経済不況
・1500兆円近くにおよぶ国債残高
・男女とも結婚をしたがらず、子を産みたがらない
状況に置かれています。

そのような状況を踏まえて、時の政府は、「身の丈の国」を目指しています。
・人々の誕生から終末までのすべてを保障する生涯安心政策の確立
・少子高齢化に伴う人手不足に対応する流通無言化の徹底
・人口が増加する首都圏の定数を増やした衆議院の定数600人化

そして、このような「安全で安心で清潔で正確な天国を創ってしまった日本」は、進むべき道を失い、戸惑っています。

そのため、「三度目の日本」に向けて「衆議院の定数」「地方制度」「税財政」の三面を同時に改革する「三面改革」を提示します。
・衆議院の定数を600人に増やし、人口が増加するであろう首都圏を中心に重点的に配分する
・消費税、燃料税、酒・タバコ税の3つを地方自治体の財源とする
・融県生州により都道府県を二都二道八州に再編成する
 都道府県を廃止する廃県置州ではなく、県が融けてやがて州が生まれる融県生州
・国有財産を時価で都道州に売却、都道州は都道州債を発行して購入
・多種多彩な製品を、短時間で安価に提供する第四次産業革命に対応する多様性と変化可能な柔軟性を持つためにも二都二道八州がそれぞれ独自の発想と手法で理想を追求できる体制と実力を与える


堺屋太一『平成三十年 上・下』朝日新聞社、2002で描かれた平成30年(2018年)の「何もしなかった日本」。
国際競争力の低下で円安と国際収支の赤字化が進み、不況と物価の上昇とが同居するスタグフレーションに陥っています。
そして、少子高齢化、地方の過疎化、中国などのアジアの工業化に直面した日本は、「遅進国」になってしまっています。

本書『団塊の後』では、「何もしなかった日本」がさらに継続している設定と思われます。

『平成三十年』を読んだときほどの衝撃はなく、現状から想定できる延長のような印象もありましたが、時代の流れや方向性を考えるための1つの視点として面白いと思いました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

団塊の後 三度目の日本 [ 堺屋太一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/2/17時点)






 

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

東京の浅草から浜離宮への水上バス&浜離宮恩賜庭園&日テレタワーの日テレ大時計(2018年3月)

東京への転勤中の2018年3月に東京の「浅草から浜離宮への水上バス」に乗り、「浜離宮恩賜庭園」、「日テレタワーの日テレ大時計」に行ってきました。

以前に浅草へは行ったことがあったのですが、どうも浅草から水上バスが運航されているということを聞き、どこまで行けるのかを確認したところ、浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)まで行けるということで、隅田川から東京湾までのいくつかの橋の下をくぐり、景色を眺める、35分ほどの船旅を楽しみました。
180325水上バス1
180325水上バス2
180325水上バス3

浜離宮恩賜庭園は、江戸時代の大名庭園で、明治維新後に皇室の離宮となり、昭和20年(1945年)に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年(1946年)から有料公開されているようです。

東京湾からの水の出入りを調節している海水の池「潮入の池」、菜の花畑、徳川家の六代将軍である家宣が庭園を大改修したときの偉業をたたえて植えられたといわれる「三百年の松」など広い庭園は整備が行き届いていました。
180325浜離宮恩賜庭園1
180325浜離宮恩賜庭園2

浜離宮から徒歩で汐留に移動して、日テレタワーの宮崎駿氏がデザインした日テレ大時計と日本テレビのオリジナルグッズショップにも行ってきました。
180325日テレ大時計
180325日テレタワー

■水上バス・東京湾クルーズ(浅草から浜離宮への水上バス)HP
http://www.suijobus.co.jp/

■浜離宮恩賜庭園HP
https://www.tokyo-park.or.jp/teien/contents/index028.html

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

堺屋太一が見た戦後70年七色の日本

作家・経済評論家の堺屋太一氏が、2019年(平成31年)2月8日、多臓器不全のためお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

堺屋氏とは面識はありませんが、堺屋氏の多くの著書を読み、多くの刺激と気づきをいただきました。

堺屋太一氏の80年間の自伝を通して戦後70年の日本を描いた書籍である
堺屋太一『堺屋太一が見た戦後70年七色の日本』朝日新聞出版、2015
をご紹介します。

堺屋氏は、自身を次の7つに分けて本書で説明しています。
1.太平洋戦争開戦、終戦、戦後の貧しかった日本を生きた少年時代
2.日米安全保障条約が締結され、所得倍増計画が策定された建築家を夢見る高校・浪人時代
3.通商産業省(現経済産業省)に18年間勤務した官僚時代
4.通商産業省時代に通商白書で「水平分業論」や日本万国博覧会(大阪万博)を発案、計画、実行したエコノミスト、イベント・プロデューサーとしての顔
5.『油断!』や『団塊の世代』などの予測小説を堺屋太一として出版した作家としての顔
6.日本万国博覧会(大阪万博)の発案のために石田三成を研究し、出版した歴史小説『巨いなる企て』などの歴史家としての顔
7.小渕恵三氏の要請で就任した経済企画庁長官としての政治家としての顔

上記の7つの顔を組み合わせて出版された書籍である
「団塊の世代」の呼称をはじめて使った11980年に刊行された『団塊の世代』を改版、加筆した『団塊の世代 新版』
規格大量生産の時代が終わり知恵の時代がはじまると提唱した『知価革命』
執筆時点から20数年後の日本を未来予測小説として示した『平成三十年』
1860年代の幕末維新の動乱、1940年代前半の太平洋戦争での敗北に続く、2008年のリーマン・ショックや2011年の東日本大震災を「第三の敗戦」と位置づけて、三度目の日本を創る道を示した『第三の敗戦』
などは、現在、改めて読み返しても、時代の方向性についての予測精度の高さは驚きます。

改めて、ご冥福をお祈りいたします。




 

 

テーマ:訃報 - ジャンル:ニュース

カフェタナカ(名古屋の洋菓子喫茶店)(2018年11月)

昨年(2018年)11月後半に、以前から行きたいと思っていた名古屋市北区上飯田にある「カフェタナカ」に行ってきました!

ジェイアール名古屋タカシマヤなどに洋菓子のお店があり、利用したこともありましたが、雑誌などでも取り上げられる名古屋市北区上飯田の本店(地下鉄上飯田駅から徒歩3分)の喫茶店は、少し離れていることもあり、今回、ようやく行くことができました!

自家焙煎のコーヒー、モンブランを美味しくいただきました。
気付くと、店内のBGMは音楽放送ではなく、ピアノの生演奏でした。
181124カフェタナカ1
181124カフェタナカ2

■カフェタナカHP
http://www.cafe-tanaka.co.jp/

テーマ:名古屋のおいしいお店 - ジャンル:グルメ

東京の多摩動物園(2017年9月)

東京への転勤中の2017年9月に東京の多摩にある「多摩動物園」に行ってきました。

新宿から京王線に乗って、高幡不動駅で乗り換え、多摩動物公園駅から徒歩1分のところにあり、新宿からは約45分くらいでした。

丘陵地で広い園内には、コアラ、レッサーパンダ、オランウータンのスカイウォーク、キリン、コツメカワウソ、チーター、「けものフレンズ」で人気が出たサーバルなどの多くの動物を見ることができました!
170930多摩動物園1
170930多摩動物園2 170930多摩動物園3 170930多摩動物園4
170930多摩動物園5
170930多摩動物園6
170930多摩動物園7
170930多摩動物園8
170930多摩動物園9

東京の中心街から離れていることが難点ですが、上野動物園よりも動物園の広さや動物の種類の多さでは上回っていました。
ただし、動物園の広さや動物の種類の多さでは、地元の名古屋にある東山動植物園の方がさらに上回っているように思いました。
東山動植物園のすばらしさを改めて実感しました!

■多摩動物園HP
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

節分に蕎麦!?(2019年2月3日)

今日(2019年2月3日)は、節分です!

東海地区を中心に和食・麺類のレストランチェーンを展開している「サガミ」に昼ご飯を食べに行ってきました。
メニューを見ると、「節分のおもてなし」として、「節分いわしそば」がありました。

「節分に蕎麦を食べる?」
気になりまして、調べてみました。

サガミのメニュー紹介にも書かれていましたが、旧暦の二十四節気の新年は「立春」で、その前日が「節分」にあたるため、節分に食べる蕎麦が「年越し蕎麦」だったようです。

そして、「いわし(鰯)」も鬼の魔除けを意味するとのことで、「節分いわしそば」となったようです。
190203節分蕎麦

「節分」と言えば、自分が小さい頃は、「豆撒き&豆を年齢の数だけ食べる」ことが毎年の定番でしたが、最近は、某コンビニエンスストアが、大阪では節分に太巻き寿司を食べる風習があると聞いて仕掛け、全国に広がったと言われる「恵方巻」を食べる日になってきました。
そして、今年は、節分に「年越し蕎麦」を食べる習慣があったことを新たに知りました!

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

東京の江戸東京博物館(2017年5月)

東京への転勤中の2017年5月に東京の両国にある「江戸東京博物館」に行ってきました。

私のように他地域から東京に転勤して来ると、東京(江戸)の歴史についての知識はほとんどないわけです。
そのような方に、「江戸東京博物館」はお薦めです。

常設展では、入ってすぐのところに、江戸時代の日本橋が再現されています。
その他にも、江戸時代の江戸城下や町並みが縮小模型で再現されています。
また、「神田祭り」の山車(だし)や歌舞伎の芝居小屋が原寸大で復元展示されています。
そして、江戸から東京に移り変わり、文明化の象徴と言える鹿鳴館や浅草に1890年に建設された12階建ての凌雲閣(りょううんかく)<関東大震災で倒壊>の縮小模型も展示されています。
さらに、関東大震災、太平洋戦争、戦後の復興に関する展示も多くあります。
170506江戸東京博物館1
170506江戸東京博物館2
170506江戸東京博物館3
170506江戸東京博物館4

■江戸東京博物館HP
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

破天の剣(島津家久)&衝天の剣&回天の剣(島津義弘伝(上・下))(天野純希氏小説)

先日、
天野純希『破天の剣(島津家久)』角川春樹事務所、2015
天野純希『衝天の剣&回天の剣(島津義弘伝(上・下))』角川春樹事務所、2016
を読みました。

『破天の剣(島津家久)』は、戦国時代に九州の薩摩・大隈・日向の三州統一から九州制覇に至る大友宗麟や龍造寺隆信らの九州の有力大名との戦いから豊臣秀吉の九州征伐までを島津四兄弟の四男である島津家久を中心に描いた歴史小説です。
また、『衝天の剣&回天の剣(島津義弘伝(上・下))』は、戦国時代の豊臣秀吉の九州征伐以後の朝鮮出兵、関ケ原の戦いでの敵中突破(島津の退き口)などの中心となった島津四兄弟の次男である島津義弘を中心に描いた歴史小説です。

両書は、前編、後編の歴史小説としても読むことができます。

島津家の関ケ原の戦いでの敵中突破(島津の退き口)については、他の歴史小説でも描かれることは多いと思います。
しかし、九州の薩摩・大隈・日向の三州統一を成し遂げた島津四兄弟(義久・義弘・歳久・家久)が、九州の有力大名である大友宗麟や龍造寺隆信らとどのように争ったのか、
豊臣秀吉の九州征伐後にどのように対応したのか(家久は豊臣家に降伏後に急逝、歳久は豊臣秀吉の下知により自害していたことは初めて知りました)、
朝鮮出兵や関ケ原の戦いでの島津義久と義弘の考え方の違い(歴史小説のため多くの推測も入っていると思います)、
関ケ原の戦いで敗れたにもかかわらず徳川家康から所領安堵された駆け引きなど
を描いた歴史小説は少なく、非常に面白く読ませてもらいました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

破天の剣 (ハルキ文庫) [ 天野純希 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2019/1/27時点)






テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

東京の成子天神社の富士塚(2018年3月)

東京への転勤中の2018年3月に東京の「成子天神社の富士塚」に行ってきました。

丸ノ内線の西新宿駅1番出口から徒歩2分のところにあります。
新宿駅からは徒歩10分以上かかります。

漫画『会長 島耕作』で、島耕作が富士塚に登るところが描かれており、「富士塚(ふじづか)とは何か」、「新宿の都会のビルに囲まれた富士塚があるらしい」という興味を持ったことがきっかけです。

「富士塚」とは、富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚のことのようです。

成子天神社(なるこてんじんじゃ)の富士塚は、大正9年(1920年)に、富士山の溶岩を配して築かれたようです。
標高約12mあり、新宿の高層ビルに周囲を囲まれた富士塚です。
無料で登ることができます。
写真は、富士塚の上からの景色などです。
180304成子天神社富士塚1
180304成子天神社富士塚2 180304成子天神社富士塚3
180304成子天神社富士塚4 180304成子天神社富士塚5
180304成子天神社富士塚6
180304成子天神社富士塚7

■成子天神社(なるこてんじんじゃ)HP
http://www.naruko-t.org/

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

働かないオジサンの給料はなぜ高いのか(楠木新氏)

先日、楠木新『働かないオジサンの給料はなぜ高いのか』新潮新書、2014を読みました。

本書は、日本の企業の人事評価のルールやメカニズム、さらに人事評価のあり方について、著者自身の経験も踏まえて述べられています。
しかし、本書の書名はサラリーマンであれば興味関心のある「働かないオジサンの給料はなぜ高いのか」となっており、ついつい手に取りたくなるような秀逸な書名だと思いました。

日本の企業の場合、企業間の競争が激しくなっても、会社内の労働システムは協調して働くことがポイントであり、他社との競争が激しいほど結束しなければならない。
したがって、社内で評価されるには、スキルやリーダーシップよりも、誰とでも円滑な意思疎通ができることが重要であり、会社は自分らしさを発揮する場や勉強する場、個人の成長を求める場でもないと著者は主張します。

そもそも、会社に入社することは、「労働者が労働力を提供して、使用者がそれに対して賃金を支払うことを内容とする契約」だけではなく、「会社というコミュニティのメンバーになること、その会社の会員になるというメンバーシップ契約」と考える方が実態にあっていると著者は主張します。

そして、新卒一括採用で入社し、当面は非管理職として現場で働き、40歳前後で管理職になるというのが大手企業の一般的な人事評価のルールであり、役職が上がるにつれてポストは減少し、優秀な後輩も控えているため、どこかで権限のある役職から離れざるを得ない。
その時にオジサンは、頑張ってもこれ以上は給料が増えないし、出世もしないことに気づく。
そして、終身雇用制であるため、同時にそれほど働かなくても給料はそれほど下がらないことにも気づく。
また、企業は社員が若い時には貢献度よりも低い賃金を払い、その差異の部分を中高年以降に付加して支払っている。
つまり、序列の高さと勤務した長さによって評価する仕組みを企業は持っている。
自分が会社からそれほど期待されていないことは本音では分かっているため、仕事への達成意欲やこだわりが薄れ、与えられた職務だけを無難にこなせばよいという自分本位の姿勢になりがちとなる。
著者は、これが「働かないオジサン」が生まれるメカニズムであると説明しています。

著者は、新卒一括採用、終身雇用制の直線的な人事評価ではなく、働き手が自らの仕事を選択できるように軌道修正していくことを提案しています。
また、会社員に対しては、人事考課や人事異動に一喜一憂することは避けなれないにしても、会社生活を直線的な上昇イメージで捉えるのではなく、自分にとっての適性は何かと常に考えながら仕事をしていくことを提案しています。

「働かないオジサン」が生まれるメカニズムには納得感があります。
ただし、自分は「働かないオジサン」になるのではなく、中堅・中小企業の活性化、そして、地域経済の活性化のために活躍するオジサンになるべく、会社の中で貢献するという一択ではない、複数の選択肢を想定した生き方をしていきたいと思いました。

テーマ:ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad