中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職19年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

変貌する名古屋(2017年9月)

先日(2017年9月)、仕事で名古屋に行きました。

私が東京に転勤してから約1年半程度ですが、名古屋駅前、伏見の御園座が変貌していました。

名古屋駅周辺では、大名古屋ビルヂング(2016年3月オープン)、JPタワー名古屋(2016年6月オープン)、JRゲートタワー(2017年4月オープン)、名古屋駅から一駅離れた伏見では、御園座の建て直しが始まっており、グランドメゾン御園座タワーとなる予定とのことです(2017年12月オープン予定)。
170925名古屋3
170925名古屋1
170925名古屋2

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

アートアクアリウム2017~江戸・金魚の涼~(東京日本橋)を見に行ってきました(2017年8月)

先日(2017年8月)、東京日本橋で開催しています「アートアクアリウム2017~江戸・金魚の涼~」を見に行ってきました。

2013年、2014年に名古屋で開催された「アートアクアリウム展~名古屋・金魚の雅~」は見に行ったことはありましたが、東京日本橋でも開催されていることを知り、見に行ってきました。

金魚と水槽、光、映像が組み合わさって、よかったです。

多くの金魚が泳ぎ、金魚鉢の色が変化する「花魁」
日本の伝統工芸品である九谷焼と組み合わせた「九谷金魚品評」
映像と鯉を組み合わせた「龍宮四季絵巻」
は特に良かったです。
170824アートアクアリウム1 170824アートアクアリウム2
170824アートアクアリウム3 170824アートアクアリウム4
170824アートアクアリウム5 170824アートアクアリウム6
170824アートアクアリウム7

お薦めです。

2017年7月7日~9月24日まで開催されています。
入場料は大人1000円です。

■アートアクアリウムHP
http://artaquarium.jp/

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

東京池袋サンシャインシティのコニカミノルタプラネタリウム満天に行く(2017年8月、9月)

先日(2017年8月、9月)、東京池袋サンシャインシティにあるコニカミノルタプラネタリウム満天を観てきました。

8月は、2015年に上映され、「一度鑑賞した人が選ぶ、もう一度見たい作品」に選ばれた「ナオト・インティラミ 僕らが空を見上げる理由」を観ました。
プラネタリウムの基本である星座解説のナレーションと音楽をナオト・インティラミ氏が担当した作品となっていて、約40分をリクライニングシートで楽しめました。

9月は、「進撃の巨人 IN THE DOME」を観てきました。
「進撃の巨人」とのコラボレーション企画で、360度のドームスクリーンに壁と巨人の映像が広がる約20分の作品でした。
映像としては、以前観たユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「シネマ4-Dシアター」の映像の方が臨場感は上回っていると思いましたが、プラネタリウムの来場者のリピーターを増やすための企画としては面白いと思いました。
170909コニカミノルタプラネタリウム満天

■コニカミノルタプラネタリウム満天HP
https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

東京メトロ銀座線のレトロ車両(2017年6月)

先日(2017年6月)、東京メトロ銀座線に乗ると、レトロな車両でした。

黄色い車体の外観は、他の車両とあまり違いがないのですが、内装が木目調で、窓の横には電灯もついています。

なぜか車内広告もなく、それが一層レトロ感を出していました。
170617東京メトロ銀座線車両

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

草間彌生わが永遠の魂を見に行く(東京国立新美術館)(2017年5月)

先日(2017年5月)、東京の国立新美術館で、2017年2月22日~5月22日まで開催されている「草間彌生 わが永遠の魂」を見に行ってきました。

チケット購入に約30分、入場に約20分かかり、大盛況でした。

草間彌生氏は、1929年(昭和4年)長野県生まれの芸術家です。
幼い頃から悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるために絵を描き始められたようです。
水玉模様の作品などが有名ですが、今回の展覧会では、初期の作品から2009年以降に制作が開始された大画面の「わが永遠の魂」まで130点以上が公開されています。

写真撮影も可能な展示会場に入ってすぐの「わが永遠の魂」の作品群は圧巻です。
170504草間彌生01 170504草間彌生02
170504草間彌生03 170504草間彌生04
170504草間彌生05 170504草間彌生06
170504草間彌生07

■展覧会HP
http://kusama2017.jp/

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad