FC2ブログ

中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職20年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

東京の浅草から浜離宮への水上バス&浜離宮恩賜庭園&日テレタワーの日テレ大時計(2018年3月)

東京への転勤中の2018年3月に東京の「浅草から浜離宮への水上バス」に乗り、「浜離宮恩賜庭園」、「日テレタワーの日テレ大時計」に行ってきました。

以前に浅草へは行ったことがあったのですが、どうも浅草から水上バスが運航されているということを聞き、どこまで行けるのかを確認したところ、浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)まで行けるということで、隅田川から東京湾までのいくつかの橋の下をくぐり、景色を眺める、35分ほどの船旅を楽しみました。
180325水上バス1
180325水上バス2
180325水上バス3

浜離宮恩賜庭園は、江戸時代の大名庭園で、明治維新後に皇室の離宮となり、昭和20年(1945年)に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年(1946年)から有料公開されているようです。

東京湾からの水の出入りを調節している海水の池「潮入の池」、菜の花畑、徳川家の六代将軍である家宣が庭園を大改修したときの偉業をたたえて植えられたといわれる「三百年の松」など広い庭園は整備が行き届いていました。
180325浜離宮恩賜庭園1
180325浜離宮恩賜庭園2

浜離宮から徒歩で汐留に移動して、日テレタワーの宮崎駿氏がデザインした日テレ大時計と日本テレビのオリジナルグッズショップにも行ってきました。
180325日テレ大時計
180325日テレタワー

■水上バス・東京湾クルーズ(浅草から浜離宮への水上バス)HP
http://www.suijobus.co.jp/

■浜離宮恩賜庭園HP
https://www.tokyo-park.or.jp/teien/contents/index028.html

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

東京の多摩動物園(2017年9月)

東京への転勤中の2017年9月に東京の多摩にある「多摩動物園」に行ってきました。

新宿から京王線に乗って、高幡不動駅で乗り換え、多摩動物公園駅から徒歩1分のところにあり、新宿からは約45分くらいでした。

丘陵地で広い園内には、コアラ、レッサーパンダ、オランウータンのスカイウォーク、キリン、コツメカワウソ、チーター、「けものフレンズ」で人気が出たサーバルなどの多くの動物を見ることができました!
170930多摩動物園1
170930多摩動物園2 170930多摩動物園3 170930多摩動物園4
170930多摩動物園5
170930多摩動物園6
170930多摩動物園7
170930多摩動物園8
170930多摩動物園9

東京の中心街から離れていることが難点ですが、上野動物園よりも動物園の広さや動物の種類の多さでは上回っていました。
ただし、動物園の広さや動物の種類の多さでは、地元の名古屋にある東山動植物園の方がさらに上回っているように思いました。
東山動植物園のすばらしさを改めて実感しました!

■多摩動物園HP
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

東京の江戸東京博物館(2017年5月)

東京への転勤中の2017年5月に東京の両国にある「江戸東京博物館」に行ってきました。

私のように他地域から東京に転勤して来ると、東京(江戸)の歴史についての知識はほとんどないわけです。
そのような方に、「江戸東京博物館」はお薦めです。

常設展では、入ってすぐのところに、江戸時代の日本橋が再現されています。
その他にも、江戸時代の江戸城下や町並みが縮小模型で再現されています。
また、「神田祭り」の山車(だし)や歌舞伎の芝居小屋が原寸大で復元展示されています。
そして、江戸から東京に移り変わり、文明化の象徴と言える鹿鳴館や浅草に1890年に建設された12階建ての凌雲閣(りょううんかく)<関東大震災で倒壊>の縮小模型も展示されています。
さらに、関東大震災、太平洋戦争、戦後の復興に関する展示も多くあります。
170506江戸東京博物館1
170506江戸東京博物館2
170506江戸東京博物館3
170506江戸東京博物館4

■江戸東京博物館HP
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

東京の成子天神社の富士塚(2018年3月)

東京への転勤中の2018年3月に東京の「成子天神社の富士塚」に行ってきました。

丸ノ内線の西新宿駅1番出口から徒歩2分のところにあります。
新宿駅からは徒歩10分以上かかります。

漫画『会長 島耕作』で、島耕作が富士塚に登るところが描かれており、「富士塚(ふじづか)とは何か」、「新宿の都会のビルに囲まれた富士塚があるらしい」という興味を持ったことがきっかけです。

「富士塚」とは、富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚のことのようです。

成子天神社(なるこてんじんじゃ)の富士塚は、大正9年(1920年)に、富士山の溶岩を配して築かれたようです。
標高約12mあり、新宿の高層ビルに周囲を囲まれた富士塚です。
無料で登ることができます。
写真は、富士塚の上からの景色などです。
180304成子天神社富士塚1
180304成子天神社富士塚2 180304成子天神社富士塚3
180304成子天神社富士塚4 180304成子天神社富士塚5
180304成子天神社富士塚6
180304成子天神社富士塚7

■成子天神社(なるこてんじんじゃ)HP
http://www.naruko-t.org/

テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

東京の三菱一号館美術館(2018年3月)

東京への転勤中の2018年3月に東京の「三菱一号館美術館」を見てきました。

東京・丸の内、東京駅から徒歩5分のところにあります。

「三菱一号館」は、1894(明治27)年に三菱が東京・丸の内に建設した初めての洋風事務所建築とのことです。
建物は老朽化のために1968(昭和43)年に解体されたようですが、2010(平成22)年春に「三菱一号館美術館」として再現されたようです。

東京・丸の内の中心に、高層ビルと西洋風建築が同居しているのは美しい建築美と言えます。
180321三菱一号館美術館1
180321三菱一号館美術館2 180321三菱一号館美術館3

■三菱一号館美術館HP
https://mimt.jp/

テーマ:東京写真 - ジャンル:写真

FC2Ad