FC2ブログ

中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職21年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

レディ・ジョーカー(高村薫氏小説)

以前、高村薫『レディ・ジョーカー(上)(下)』毎日出版社、1997 を読みました。

本書は、1984年(昭和59年)に起こった「グリコ森永事件」をヒントに書かれた小説と思われます。

「グリコ森永事件」とは、関西地域を舞台としてグリコや森永などを標的とした企業脅迫事件です。
2000年(平成12年)に時効となっています。

■グリコ森永事件(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6


本書では、日之出麦酒の社長誘拐、異物混入脅迫事件が中心となっていますが、
犯人グループが犯行に及ぶに至った複雑な背景、
犯人グループの犯行に関係する別グループの影、
脅迫事件に対する企業対応の難しさ、
脅迫を受けている企業内の経営陣の様々な思惑のぶつかり合い、
新聞記者の事件に対するアプローチや紙面への記事掲載の判断、
警察、検察のTVドラマのように単純には進めない捜査対応、
など単純に事件ミステリー小説として面白いだけでなく、社会人が読んでも面白い経済小説の要素も含んでいるのではないかと思いました。

お勧めです。

レディ・ジョーカー〈上〉 (新潮文庫)レディ・ジョーカー〈上〉 (新潮文庫)
(2010/03)
高村 薫

商品詳細を見る

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌