中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職19年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳までに1億円つくる術(内藤忍氏)

先日、内藤忍『60歳までに1億円つくる術』幻冬舎新書、2009を読みました。

書名から本書は、資産運用の具体的な方法を書いているように思われますが、実際は資産運用の基本的な考え方を書いた書籍だと思いました。

「お金の方程式」として、
「将来のお金(目標)=((収入ー支出)+資産)×運用利回り」
を示して、それぞれの項目について説明しています。

将来のお金の目標(いつまでにいくら必要なのか)をどのように考えるのか、
収入を増やす方法…「収入=時給×労働時間」であるから「時給」と「労働時間」に分けて考えてみる、
支出を減らす…三大支出(住宅、教育、保険)から考える、
運用利回りを上げる…長期、分散、低コスト、インデックス、積み立て
 絶対に儲かるうまい話はない
 コストを下げるのが着実にリターンを上げる方法
 未来を予想しても当たらない
 知識がないのに株式投資をやっても勝てない
 有名な会社の株は、すでに値段が上がってしまっていることが多い
 新聞などに載る企業のプラス情報は、すでに株価に織り込まれている


資産運用の具体的な方法を期待している読者にとっては期待外れの書籍かもしれませんが、本書に記載された資産運用の基本的な考え方は有用なものが多いように思いました。
これから資産運用を考えている方は、「簡単に儲かるうまい方法はない」ということを念頭において本書のような入門書から読み始めることをお勧めします。

60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)
(2009/11)
内藤 忍

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。