中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職19年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

三重県桑名市の石取会館&七里の渡跡に行く(2012年9月)

先日(9/8)、三重県桑名市にある石取会館&七里の渡跡に行ってきました。

三重県桑名市の石取祭はご存じでしょうか?

石取祭は、江戸時代初期に始まったものといわれ、山車の鉦や太鼓を打ち鳴らす音は大きく、「天下の奇祭」「日本一やかましい祭り」といわれています。

毎年8月第1日曜日とその前日に行われており、平成19年には「国指定重要無形民俗文化財」に指定されました。

私は小さい頃に見た(というより鉦や太鼓の音を聞いた)記憶がありますが、鉦や太鼓のリズムが現在でもよみがえってくるくらい強く印象に残っています。

石取会館は、そんな石取祭を紹介する施設です。
桑名駅から徒歩20分くらい(桑名駅からバスもあるようです)で、入館料は無料です。
小さな施設ですが、実際の山車と写真、壁面に映し出される映像が用意されています。
120908石取会館

実際の石取祭を見に行った方がいいと思いますが、石取祭の雰囲気を感じさせてくれるように思いました。

■桑名石取祭保存会公式HP
http://isidori.jp/

■石取会館HP
http://www.city.kuwana.lg.jp/index.cfm/24,0,235,413,html


石取会館から旧東海道を10分ほど歩くと「七里の渡跡」に行くことができます。

江戸時代には、江戸と京都を結ぶ東海道の桑名宿(現三重県桑名市)と宮宿(現名古屋市熱田区)の間は、海路7里の渡船と定められていました。
その桑名宿周辺が「七里の渡跡」となります。

長良川河口堰も見えました。
120908七里の渡跡1  120908七里の渡跡2


■七里の渡跡HP
http://kanko.city.kuwana.mie.jp/pickup/shichiri/index.html

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

FC2Ad