中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職19年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上弦の月を喰べる獅子(夢枕獏氏)

先日、夢枕獏『上弦の月を喰べる獅子(上・下)』ハヤカワ文庫、2011を読みました。

本書は、進化と神仏の物語です。

主人公は、螺旋収集家の二人であったはずが、いつの間にか一人になっており、そして、二人が一人になった理由とその結末は最後に明らかにされます。

小説の序盤は、螺旋収集家という不思議な人物の描写が退屈で、読む速度もなかなか上がらなかったのですが、小説の中盤から、不思議な空間での螺旋、進化、神仏が絡み合った話に引き込まれ、あっという間に最後まで読み進みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

上弦の月を喰べる獅子(上) [ 夢枕獏 ]
価格:928円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

上弦の月を喰べる獅子(下) [ 夢枕獏 ]
価格:928円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)


スポンサーサイト

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。