FC2ブログ

中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職20年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

項羽と劉邦(司馬遼太郎氏歴史小説)

先日、司馬遼太郎『項羽と劉邦(上・中・下)』新潮文庫、1984を読みました。

「項羽と劉邦」というと、高校時代の古典・漢文の時間に「四面楚歌」という言葉の語源になった話として勉強したことは覚えているものの、実際の話はよく知らないまま現在に至っていました。

そんな中、司馬遼太郎氏が、『項羽と劉邦』を書いていることを知りました。
司馬遼太郎氏の歴史小説は、これまでも何冊か読んでいますが、いずれも日本の歴史小説であり、中国の歴史小説は初めてでしたが、日本の歴史小説と同様に、楽しく小説の世界に引き込まれました。


小説の舞台は、秦の始皇帝が没したあとの圧政に対する民衆の反乱から、秦の滅亡、滅秦の盟主である項羽による楚と劉邦の漢との楚漢戦争期です。
武勇に優れ秦を滅ぼした楚の項羽は、田舎町のごろつきであり、動乱の中で人々に担がれたものの、戦いに弱かった劉邦に最終的には負けてしまいます。
そして、劉邦は漢帝国を興します。

なお、「四面楚歌」は、最終的に追い込まれ城にこもった楚の項羽が、城外の四面から楚の故郷の歌が聞こえ、漢軍に楚の兵が寝返り、天が己を滅ぼし運命が極まったことを悟り、その後、城外に討って出て自刃したことが語源とされています。

また、劉邦の部下である韓信は、「背水の陣(はいすいのじん)」で有名な戦闘で勝利した人物です。

項羽が没したのは、紀元前202年と言われています。
「四面楚歌」「背水の陣」の四文字熟語から、日本では戦国時代のような印象もありますが、日本では弥生時代(紀元前10世紀頃から紀元後3世紀中頃まで)にあたり驚きます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

項羽と劉邦(上巻)改版 (新潮文庫) [ 司馬遼太郎 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2018/2/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

項羽と劉邦(中巻)改版 (新潮文庫) [ 司馬遼太郎 ]
価格:723円(税込、送料無料) (2018/2/18時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

項羽と劉邦(下巻)改版 (新潮文庫) [ 司馬遼太郎 ]
価格:723円(税込、送料無料) (2018/2/18時点)


テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad