FC2ブログ

中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職20年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

堺屋太一が見た戦後70年七色の日本

作家・経済評論家の堺屋太一氏が、2019年(平成31年)2月8日、多臓器不全のためお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

堺屋氏とは面識はありませんが、堺屋氏の多くの著書を読み、多くの刺激と気づきをいただきました。

堺屋太一氏の80年間の自伝を通して戦後70年の日本を描いた書籍である
堺屋太一『堺屋太一が見た戦後70年七色の日本』朝日新聞出版、2015
をご紹介します。

堺屋氏は、自身を次の7つに分けて本書で説明しています。
1.太平洋戦争開戦、終戦、戦後の貧しかった日本を生きた少年時代
2.日米安全保障条約が締結され、所得倍増計画が策定された建築家を夢見る高校・浪人時代
3.通商産業省(現経済産業省)に18年間勤務した官僚時代
4.通商産業省時代に通商白書で「水平分業論」や日本万国博覧会(大阪万博)を発案、計画、実行したエコノミスト、イベント・プロデューサーとしての顔
5.『油断!』や『団塊の世代』などの予測小説を堺屋太一として出版した作家としての顔
6.日本万国博覧会(大阪万博)の発案のために石田三成を研究し、出版した歴史小説『巨いなる企て』などの歴史家としての顔
7.小渕恵三氏の要請で就任した経済企画庁長官としての政治家としての顔

上記の7つの顔を組み合わせて出版された書籍である
「団塊の世代」の呼称をはじめて使った11980年に刊行された『団塊の世代』を改版、加筆した『団塊の世代 新版』
規格大量生産の時代が終わり知恵の時代がはじまると提唱した『知価革命』
執筆時点から20数年後の日本を未来予測小説として示した『平成三十年』
1860年代の幕末維新の動乱、1940年代前半の太平洋戦争での敗北に続く、2008年のリーマン・ショックや2011年の東日本大震災を「第三の敗戦」と位置づけて、三度目の日本を創る道を示した『第三の敗戦』
などは、現在、改めて読み返しても、時代の方向性についての予測精度の高さは驚きます。

改めて、ご冥福をお祈りいたします。




 

 

テーマ:訃報 - ジャンル:ニュース

FC2Ad