中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職19年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使と悪魔(ダン・ブラウン著)

天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (上) (角川文庫)
(2006/06/08)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る


ダン・ブラウン著『天使と悪魔(上)(中)(下)』角川文庫、2006を読みました。

ダン・ブラウン氏は、『ダ・ヴィンチ・コード』の著者として有名です。
『天使と悪魔』は、その『ダ・ヴィンチ・コード』よりも数年前に書かれた小説です。

『天使と悪魔』の舞台は、新ローマ教皇選挙会当日のヴァチカンです。
次期教皇候補4人が失踪し、そこへイルミナティを名乗る人物から次期教皇候補4人を誘拐し、1時間に1人ずつ殺していくという電話がかかります。

そこで、『ダ・ヴィンチ・コード』でも登場する科学者ラングドンが、17世紀に書かれた詩に隠された暗号を解き明かし、次期教皇候補、そして反物質の隠し場所を探っていくというストーリーです。

『天使と悪魔』の小説の背景には、「科学と宗教の対立」がテーマとしてあります。

小説としても面白いですし、改めて「科学と宗教」について考えるてみるのも良いのではないでしょうか?

『ダ・ヴィンチ・コード』を読まれて面白いと思われた方にはお勧めです。
また、『ダ・ヴィンチ・コード』を読まれていない方には、2冊ともお勧めです。
読む順番はどちらからでも構わないと思います。

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セットダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット
(2006/03)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る

関連記事

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakigake119.blog68.fc2.com/tb.php/116-499878c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 (文春文庫)(2008/08/05)東野 圭吾商品詳細を見る 東野圭吾『容疑者Xの献身』文藝春秋、2005 を読みました。 ご存知の方も多いと思...

  • 2009/12/29(火) 10:12:39 |
  • さきがけ読書録

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。