中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職19年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎手本忠臣蔵(加藤廣氏)

先日、加藤廣『謎手本忠臣蔵(上・下)』新潮社、2008を読みました。

加藤廣氏は、以前このブログでも紹介しました本能寺三部作『信長の棺』『秀吉の枷』『明智左馬助の恋』がベストセラーになった作家です。

本書『謎手本忠臣蔵』は、『仮名手本忠臣蔵』の語呂合わせと「謎の手本」という2つの意味を持たせているようです。

なぜ「忠臣蔵」が「謎の手本」なのか?

本書では、日本では有名な「忠臣蔵」について、討ち入りをした大石内蔵助の視点からだけでなく、江戸幕府の5代将軍の徳川綱吉の側用人であった柳沢吉保の視点を加えて描いています。

浅野内匠頭の刃傷の原因は、一般的には、浅野内匠頭と吉良上野介との私的争いごととされていますが、当時の幕府と朝廷との間にあった懸案事項が真の原因ではないかとの推理が小説の背景にあります。

その懸案事項を顕在化させないために、柳沢吉保が赤穂事件(忠臣蔵)を処理し、物語として流布させたことを「謎の手本」であると述べています。

本書は、本能寺三部作と同様に、大胆な推理をもとにした歴史小説です。
しかし、「赤穂事件(忠臣蔵)」を物語としてではなく、しっかりと考察した上で書かれているため、興味深かったです。
お勧めです。

謎手本忠臣蔵〈上〉 (新潮文庫)謎手本忠臣蔵〈上〉 (新潮文庫)
(2011/11/28)
加藤 廣

商品詳細を見る
関連記事

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

  • 2012/02/06(月) 15:03:13 |
  • URL |
  • 履歴書の見本 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakigake119.blog68.fc2.com/tb.php/327-5d756302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。