中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職20年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

東海地域の某大学院(MBA)修了&中小企業診断士養成課程修了(2013年3月)

東海地域の某大学院(MBA)に社会人入学して、2年間通学して、先日、無事に修了しました(2013年3月)。
中小企業診断士養成課程が設置されており、あわせて修了したため、中小企業診断士試験(2次試験)及び実務補習(15日以上)が免除となり、中小企業診断士として登録することができるようになりました。

*中小企業診断士は、「中小企業支援法」に基づき、経済産業大臣が登録する国家資格です。中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う唯一の国家資格であり、独立した経営コンサルタントだけでなく、金融機関をはじめとした企業内診断士として活躍されている方も多くおり、社会人に注目されている資格の一つです。
*登録養成課程は、一定の登録基準を満たしている民間研修機関等が、国に登録を申請し、登録された機関が実施する中小企業診断士の養成課程です。
*東海地域では、中京大学大学院、名古屋商科大学大学院、一般社団法人中部産業連盟、東海学園大学大学院が登録されており、一般社団法人中部産業連盟以外の3大学院は、修士の学位との同時取得が可能です。
*中小企業診断士養成課程の受講資格は、中小企業診断士試験の第1次試験合格者で、第1次試験に合格した翌年度末まで(合格年度とその翌年度の2年間限り)に受講を開始する必要があります。

■中小企業庁 「中小企業診断士」関連情報 HP
http://www.chusho.meti.go.jp/shindanshi/index.html

以前このブログでも書いたように、仕事を始めて、12年・1サイクルした頃から、自分の仕事についての全体像の把握、理論的整理をすることで、日常業務のレベルを高めることの必要や、次の12年・1サイクルを充実させるために自分の新たな基盤を創っていくことの必要性を感じていました。

そして、大学院(MBA)と中小企業診断士それぞれに興味関心があったため、修了時に修士(MBA)の学位と中小企業診断士の登録資格が付与される中小企業診断士養成課程が設置されている某大学院(MBA)を選択しました。

中小企業診断士養成課程受講者だけでなく、大学院(MBA)の同級生、卒業生、先輩、後輩など様々な業種・業態・立場で社会人経験を積んでおられる方とのつながりができたことも、大学院(MBA)での中小企業診断士養成課程の魅力であると思います。

中小企業診断士の第1次試験で学習した経営理論の知識を、大学院(MBA)の講義を通じて学び直し、その経営理論を経営診断実習(2年間で5社)を通じてどのように実践に活かしていくか、具体的には、経営課題の抽出、解決策の策定などについて、チームで議論して、まとめ、提案することは、実務補習と同等もしくはそれ以上に自分の能力を高めることができたのではないかと思っています。

自分の現在の実力を知る良い機会になりましたし、自分の勉強や経験の足りなさを知ることで、負けないように自分の力を高めようとする「競争意識」と、議論を通じて、当初それぞれが考えた以上の成果を目指す「協力意識」という、一見矛盾するようで、両立が可能な「競争と協力」の関係が構築できたのではないかと思っています。

仕事との両立はなかなか大変でしたが、充実した2年間でした。
ご理解ご協力をいただいた職場の方や家族に本当に感謝です。
関連記事

テーマ:資格・スキルアップ・仕事 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakigake119.blog68.fc2.com/tb.php/369-9012f8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

経営学を「使える武器」にする

先日、高山信彦『経営学を「使える武器」にする』新潮社、2012を読みました。 本書は、経営コンサルタントである著者が、実際の企業研修で実施している経営学理論を活用した経営戦

  • 2013/04/21(日) 22:59:33 |
  • さきがけ読書録

「中小企業診断士」になりました

先日、経済産業省中小企業庁への中小企業診断士登録が完了しまして、「中小企業診断士」になりました。 企業内診断士として、仕事に役立てていこうと思います。 *中小企業診断

  • 2013/07/15(月) 22:52:37 |
  • さきがけ読書録

「中小企業診断士」になりました(その2)

先日ご報告しましたように経済産業省中小企業庁への中小企業診断士登録が完了しまして、「中小企業診断士」になりました。 仕事を始めて、12年・1サイクルした頃から、自分の

  • 2013/07/29(月) 00:15:35 |
  • さきがけ読書録

はじめての経営学

先日、東洋経済新報社編『はじめての経営学』東洋経済新報社、2013を読みました。 本書は、『一橋ビジネスレビュー』の執筆陣を中心とした経営学者が、経営学の「経営戦略」「組織論」「マーケティング」「コーポレート・ファイナンス」「会計」「人材マネジメント」「MOT(技術経営)」「経営史」「ビジネス・エコノミクス」の各科目の概要について、短くまとめた経営学の入門書です。 また、本書では...

  • 2014/04/06(日) 21:50:00 |
  • 中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

結論を言おう、日本人にMBAはいらない(遠藤功氏)

先日、遠藤功『結論を言おう、日本人にMBAはいらない』角川新書、2016を読みました。 著者の遠藤氏は、米国でMBAを取得し、コンサルティング会社を経て、13年間、早稲田大学のビジネススクールで教鞭をとり、2016年3月に日本のビジネススクールが、日本における企業や個人のニーズに合致しておらず、まったく機能していない、学生集めに苦しんでいる多くの日本のビジネススクールは、近い将来、新規...

  • 2017/01/09(月) 20:58:34 |
  • 中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

ノートパソコン買い替え(NEC LAVIE Hybrid ZERO)(2018年7月)

約7年前(2011年8月)に購入したノートパソコンを買い換えることにしました。 雑誌や店頭での検討を重ねた結果、これまで使用していたVAIO 11.6型のモバイルノートパソコンから割高かもしれないと思いつつ日本メーカーのNECの13.3型のモバイルノートパソコン「NEC PC-HZ550 LAVIE Hybrid ZERO」にしました。 7年前(2011年8月)に購入したノートパ...

  • 2018/07/01(日) 18:11:08 |
  • 中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

FC2Ad