FC2ブログ

中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職20年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

内藤忍の資産設計塾(第4版)

先日、内藤忍『内藤忍の資産設計塾(第4版)』自由国民社、2015を読みました。

以前、このブログで紹介した内藤忍『60歳までに1億円つくる術』幻冬舎新書、2009が、資産運用の基本的な考え方を書いた書籍に対して、本書は、「人生の目標を設定し、それを達成するために「いつまでにいくら」必要なのかを考える」という基本は同じですが、そのための資産運用方法についてまとめられていることが異なります。

具体的には、
・資産運用のためのアセットアロケーション(どの資産にどれだけ投資するか配分を決めること)の重要性
・インデックス運用とアクティブ運用の違い
 →個人投資家が自分で銘柄を選んで市場平均を上回るには高いスキルが必要なため、まずはインデックス運用で市場平均を着実に取りにいく
・積立投資(ドルコスト平均法)の効果と限界
 →インデックス運用の投資信託の毎月積立が有効
  ただし、将来的に上昇する資産でなければ、最終的には利益に結びつかないことも認識しておく必要あり
  (インデックス運用する市場<例えば、日本株式、外国株式の市場>全体が中長期的に成長することが前提となっている)
・外国資産は保有しないことがリスク
 →資産の大半を日本円で保有することは円安リスクを取っていることになる
などの資産運用の基本的理論を紹介したのちに、
・投資信託、ETF(株価指数連動型上場投資信託)、海外ETF、日本株式、日本債券、外国債券、FX(外国為替証拠金取引)、REIT(不動産投資信託)などの説明
・アセットアロケーション(日本株式、日本債券、外国株式、外国債券、流動性資産、その他)の方法とモニタリング、リバランスの方法
・実物資産(不動産、金、ワイン)での運用方法
などについて説明しています。

これから資産運用を考えている方は、
「簡単に儲かるうまい方法はない」
「無料相談が手軽でお得という考えではなく、「価値>価格」を考えた相談やセミナーの選択が必要」
ということを念頭において本書のような入門書から勉強を始めて、実際の投資を開始することをお勧めします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

内藤忍の資産設計塾第4版 [ 内藤忍 ]
価格:1782円(税込、送料無料) (2016/10/23時点)


関連記事

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakigake119.blog68.fc2.com/tb.php/546-db13f8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(山崎元氏、大橋弘祐氏書籍)

先日、山崎元、大橋弘祐『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』文響社、2015を読みました。 本書は、経済評論家の山崎元氏に、出版社(文響社)の大橋氏がお金の増やし方について質問し、説明を聞いた内容を書籍にしています。 お金や資産運用について詳しくない方が、難しい理論の説明ではなく、質疑応答の会話を通じてお金の増やし方の理解が進む良書と思います。 基...

  • 2018/10/28(日) 13:42:45 |
  • 中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

FC2Ad