中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職19年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒姫(武内涼氏歴史小説)

先日、武内涼『駒姫』新潮社、2017を読みました。

時は永禄4年(1595年)、関白である豊臣秀次は、叔父である太閤豊臣秀吉から謀反の疑いをかけられ自害に追い込まれようとしていました。

その少し前、山形の大名である最上義光の娘であり、東国一の美女として名高かった駒姫は、豊臣秀次に見初められ、側室になるべく、京都の聚楽第に入ります。

駒姫が京都の聚楽第に入るとほぼ同時期に、豊臣秀次は謀反の疑いがかけられたため、駒姫は豊臣秀次に聚楽第で一度も会っていない。
一方、豊臣秀吉からは、駒姫も含む豊臣秀次の妻子39名を処刑せよという命令が発せられます。
最上義光の処刑を回避するための様々な工作は上手くいくのかということが、本書の主題となっています。

豊臣秀吉は、関白を甥の豊臣秀次に譲ることを決めたものの、その後、淀君がお拾(後の豊臣秀頼)を産むと事情が変わり、お拾に自分のあとを継がせるために、豊臣秀次が邪魔になったことが豊臣秀次への謀反の疑い・自害につながったと言われています。

歴史は勝者がつくると言われるため、豊臣秀次の自害に至る経緯、その背景、真実は、今現在もはっきりしていない部分があると言えます。

しかし、豊臣秀次が自害に追い込まれ、そして、その妻子が処刑されたことは事実です。

その妻の側に立って、事態の推移、その理不尽な経緯を描いた本書は、教科書に数行書かれる歴史ではなく、そこに人の生死があり、それぞれの苦悩があったことを描いていると言えます。
これまで読んできた歴史小説とは異なる視点であり、新鮮であり、興味深かったです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

駒姫 三条河原異聞 [ 武内 涼 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/6/11時点)


関連記事

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakigake119.blog68.fc2.com/tb.php/574-24239577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。