FC2ブログ

中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職20年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(山崎元氏、大橋弘祐氏書籍)

先日、山崎元、大橋弘祐『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』文響社、2015を読みました。

本書は、経済評論家の山崎元氏に、出版社(文響社)の大橋氏がお金の増やし方について質問し、説明を聞いた内容を書籍にしています。

お金や資産運用について詳しくない方が、難しい理論の説明ではなく、質疑応答の会話を通じてお金の増やし方の理解が進む良書と思います。

基本的な考え方は、実にシンプルで、
・大儲けしようとせず、年間プラス5%程度の運用を目指す。
・家は買わない方が無難なことが多い。仮に買うとすれば新築マンションは避けて、住宅ローンをなるべく早く返済する。
・生命保険には入らず、入ったと思って貯蓄・運用にまわす。何かあったときは貯蓄から使う。
・自分の現在の貯金から、当面の生活費を除いた上で、絶対に減ってほしくない「安全資産」と増えるかもしれないし減るかもしれない「リスク資産」に分ける。
・覚える金融商品は、個人向け国債(変動10年型)と投資信託(手数料の安いインデックスファンド)。手数料が高い外貨預金はやらない。
・「安全資産」で個人向け国債(変動10年型)を買い、「リスク資産」で投資信託(手数料の安いインデックスファンド)を買う。
・手数料の安いネット証券会社でNISA口座を開き、利用できる人は確定拠出年金も利用する。
というものです。

1年で資産を2倍にするような大儲けは、簡単ではありません。
しかし、年間プラス5%程度の運用であれば、実現可能です。
たかが5%と思われるかもしれませんが、複利効果を踏まえると、14.4年で2倍になります。
本書にも出てきますが、「2倍になるまでにかかるおおよその年数=72÷利率(%)」で計算することができます。
利率5%であれば、「72÷5%=14.4年」となります。

本書を読むと、お金の増やし方に近道はありませんが、全く不可能な道でもないことがわかります。
お薦めです。


関連記事

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakigake119.blog68.fc2.com/tb.php/635-1ceb8fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad