FC2ブログ

中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職21年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

がんが自然に治る生き方&幸せはガンがくれた(ケリー・ターナー氏&川竹文夫氏書籍)

先日、
ケリー・ターナー著、長田美穂訳『がんが自然に治る生き方』プレジデント社、2014
川竹文夫『幸せはガンがくれた』創元社、1995
を読みました。

現在のガンの治療は、外科手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤)が中心となっています。
この二つの書籍でも、外科手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤)を否定しているわけではありません。

しかし、この二つの書籍を読むと、人間の自然治癒力によって、ガンを治した(劇的な寛解に至った)事例が多くあることがわかります。
さらに、『がんが自然に治る生き方』では、1000件を超える劇的な寛解事例の分析と100人以上のインタビューから明らかになったガン治療を目指して実行した9つの実践項目の仮説を提示しています。
・抜本的に食事を変える
・治療法は自分で決める
・直感に従う
・ハーブやサプリメントの力を借りる
・抑圧された感情を解き放つ
・より前向きに生きる
・周囲の人の支えを受け入れる
・自分の魂と深くつながる
・「どうしても生きたい理由」を持つ

また、『幸せはガンがくれた』の次のような主旨の記述は納得感がありました。
・外科手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤)は、ガン細胞を治療するもので、ガンの原因を取り除くものではない。
・原因に手をつけていない以上、再発を完全に防止する手立てはない。
・再発を防ぐ(本当にガンを治す)には、これまでの自分自身にかかわる何かを改める必要がある。

人間の自然治癒力によってガンが治ったのは例外であり説明できないというご意見もあると思います。
しかし、そういった事例があるのであれば、データ分析や臨床試験によって議論を深めていくことも重要だと考えますし、現代医療の治療法と組み合わせることで、より良い医療の発展につながるのではないかとも思います。

自分や身近な方がガンになってしまったとき、様々な情報を集めて、どうすべきかを検討すると思います。
その情報収集、検討の素材として、この二つの書籍を加えていただくことは、有益だと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんが自然に治る生き方 [ ケリー・A.ターナー ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/1/12時点)






関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakigake119.blog68.fc2.com/tb.php/643-9d65a203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガン封じ寺(愛知県の無量寺)(2019年5月)

先日(2019年5月)、愛知県の蒲郡市にある「無量寺(ガン封じ寺)」に行ってきました。 昔から難病封じで知られるお寺のようで、ガン封じ・難病封じの御利益があるとされています。 名鉄電車の西浦駅(名鉄蒲郡線)から徒歩5分程度です。 境内にはガン封じ絵馬がたくさん奉納されています。 また、中国の敦煌などにある石窟寺院をモデルにした千沸洞めぐりがあります。 暗い通路の壁面に石...

  • 2019/05/04(土) 20:04:49 |
  • 中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録