FC2ブログ

中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーのさきがけ読書録

このブログは、中小企業診断士&ファイナンシャルプランナーの就職21年目の仕事人(ビジネスマン)の読書録等です。現在、中小企業診断士、東海地域の某大学院(MBA)、行政書士(試験合格のみ)、AFP(日本FP協会認定)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ビジネス実務法務2級、ビジネスマネジャー、初級システムアドミニストレータなどの資格を取得しています。

節分に蕎麦!?(2019年2月3日)

今日(2019年2月3日)は、節分です!

東海地区を中心に和食・麺類のレストランチェーンを展開している「サガミ」に昼ご飯を食べに行ってきました。
メニューを見ると、「節分のおもてなし」として、「節分いわしそば」がありました。

「節分に蕎麦を食べる?」
気になりまして、調べてみました。

サガミのメニュー紹介にも書かれていましたが、旧暦の二十四節気の新年は「立春」で、その前日が「節分」にあたるため、節分に食べる蕎麦が「年越し蕎麦」だったようです。

そして、「いわし(鰯)」も鬼の魔除けを意味するとのことで、「節分いわしそば」となったようです。
190203節分蕎麦

「節分」と言えば、自分が小さい頃は、「豆撒き&豆を年齢の数だけ食べる」ことが毎年の定番でしたが、最近は、某コンビニエンスストアが、大阪では節分に太巻き寿司を食べる風習があると聞いて仕掛け、全国に広がったと言われる「恵方巻」を食べる日になってきました。
そして、今年は、節分に「年越し蕎麦」を食べる習慣があったことを新たに知りました!
関連記事

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakigake119.blog68.fc2.com/tb.php/655-57c755ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)